月別アーカイブ: 2023年2月

沖縄ダイビングライセンスワールドダイビングがおすすめの理由

子供の頃は、海などで泳いだ経験はありましたが特にダイビングなどをしてみたいと言う気持ちはありませんでした。ところが高校生の時、海の中の景色をたまたまテレビ番組で見て、その美しさに感動したわけです。確かそれは沖縄県ではなかったと考えていますが、外国のどこかの国の海の中だったかもしれません。そこで泳いでいる人はダイビングをしながら魚たちと戯れている姿があり、非常に感銘を受けた記憶があります。またその時は、大学受験を控えていましたので本格的にダイビングをしようと考えていませんでした。少し頭の中でいつまでもその記憶が蘇り、やはり大人になったら自分もやってみたいと感じるようになったわけです。
無事に大学は合格しましたが、とても沖縄県に行けるような状態ではありませんでした。

自分は東京の私立大学に合格しそこに通っていますが、沖縄県に行くためにはお金が必要になります。どれぐらいのお金が必要かと言えば、おそらく往復の飛行機代などを合わせて4日日宿泊することを考えると50,000円では足りないでしょう。10万円近くのお金を貯める必要があったわけです。そこにダイビングスクール学で学習をすれば、かなりの出費になる事は間違いないです。もちろん大学在学中にそれだけのお金を貯める事は可能ですが、なかなか食べられない理由もあり結局は卒業してから沖縄県に向かうことになりました。

先延ばしをして良かったと思う事は、色々と調べることができたと言うことです。沖縄県には沖縄ダイビングライセンスと言うものがあり、これを取得すると海の中で泳ぐことができるだけでなく、深くもぐれると言うことです。自分の場合よく知りませんでしたが、ライセンスの種類がいくつかあり、種類によってはもぐれる深さが違ってくるようです。当然初心者向けのものは10メートル程度しか潜ることができませんが上級者になると、さらに深くまで潜ることができるわけです。当時はなぜ深さで腕前が変わってくるのかわかりませんでしたが、後からわかったのは深ければ深いほど水圧がきつくうまく泳げないと言うわけです。初心者がいきなり深いところに入ってしまうと混乱し、そのまま酸素ボンベを使い果たしてしまい命を落としてしまう危険性があると言われています。それ故、当然自分も初心者になるためまずは慣れているところからスタートしようと考えました。

沖縄県の中にも友達のおすすめの場所がありそれがワールドダイビングと呼ばれるところになります。一体どのようなところかと言えば、一人旅などでも体験できるスクールでそれだけでなく、資格を取得することができます。資格の取得に関してはそれほど時間がかからないと言うわけです。自分の場合は、運転免許証取得した時4ヶ月ぐらいかかったためダイビングもそれの半分ぐらいはかかるのではないかと考えていましたが、実際には2日程度で終わると言われています。できるだけ合理的に勉強して真面目に勉強すれば2日で終えることができますので、このときばかりは非常に熱心に行いました。

沖縄ダイビングライセンスはCカードのワールドダイビング

そして、スクールに入ってからはやはり水の中で動く重要性を知ることになります。酸素ボンベも、皆同じ量が入っているわけですが、これを上手に使うことが重要になります。人間は、混乱するとたくさんの酸素を求めることになり結局混乱とともに本部の中の空気がなくなっていく傾向があります。これを避けるためには、少なくとも酸素ボンベの使い方だけでなくできるだけ冷静な気持ちで海の中に入ることが重要と言うことです。中にはパニックを起こしてしまう性格の人もいるかもしれませんが、もしかしたらそのような人はあまりダイビングに向いていないかもしれません。むいてないと言うだけで、消して資格を取得できないと言うわけではありません。少なくとも、資格取得するには能力も必要かもしれませんがそれほど難しい能力が必要なく、とにかくやる気と勉強する気力さえあれば合格できるでしょう。

自分の場合も二日間で合格できましたのでおそらく他の人が行っても当然合格できるものといえます。かかった料金は、100,000円以上かかりましたがそれ以上のものを手に入れたと自負している次第です。ここで通って分かった事は、インストラクターの先生が非常に分かりやすいと言うことです。自分は大学受験の時までわかりやすい先生に教わったと言う経験もなく教習所もなんだかわかりにくいおじさん柄いろいろありましたが、インストラクターの話を聞いてなるほどと言う場面が多く、合理的に勉強できたと感じています。

ただ楽しいだけじゃなく、大変な場面がたくさんありました。大海の中で動くと言う事は非常に難しく、テレビに出ているダイバーと同じような動きをする事はすぐにはできません。それ故最初は苦労しましたが、今ではある程度自由に動きができるようになっており、これも全てインストラクターのおかげと考えています。